ポイントは具体的に、出来ることを、多く書く

履歴書の書き方について説明します

一般的な表現の志望動機は避けた方が良いと思われます。 最初に人事担当者が重視するポイントが志望動機です。 しかし、志望動機の書き方として大多数が、ごく一般的な内容を書き、主体性に欠けているという事です。
「御社に業界の将来性を感じました。」
「お客様主義がモットーの御社の経営指針に深く感銘しました。」
「前から○○の業界に就く事を望んでいました。」
などといった、どの履歴書にも使われる内容のことは、 なるべく書かないようにした方が、良いでしょう。

【ポイント1】内容を具体的に書く。
業界の将来性を感じたとしたなら、どの部分で感じたのかを、詳しく説明することが必要です。 また、どこの会社にも当てはまる内容を書くのではなく、業界の中での会社の立ち位置や、内容など深く調べてから自分でまとめて記入すると
人事担当者に、「ここまで調べてアピールしてくるとは、この人は本気でこの会社に入りたいんだな」などと、感心されるような内容を記入した方が良いでしょう。
自分が人事担当者になったつもりで志望動機を見て、なぜ? どうして? といったように、繰り返して見直すと良いでしょう。

【ポイント2】あなたが会社で出来ることを書く。
志望動機に、応募した理由だけを書いてきてはいけません。 あなたが、この会社で出来ることを書くのです。
つまり会社に入って、自分の経験がどうしたら生かせ、またその会社にとってのメリットなどをアピールします。 人事担当者が、この人の経験やスキルは会社に役立つな、と考えてもらえるような内容をイメージして書きましょう。

【ポイント3】書く内容の量を多く
せっかくの多くの志望動機の量が少ないと物足りません。 一行程の志望動機では、この人本当にうちの会社に入りたいのかな?といった印象を与えてしまいます。 かといって、いつまでもダラダラ書くことは好ましくありませんが、志望動機の中身や量をしっかり書くのが好ましいでしょう。
つまり志望動機は、あなたの人材を売り込むための大事な項目なのです。 もし自分を採用して頂けたら、こんな仕事ができ、御社に、こんなメリットがありますよ、 というようなことを志望動機に書けばいいのです。

志望動機の書き方 サンプル例
私は以前、○○の会社では、営業の新規開拓担当をしておりました。その時に、顧客情報の収集方法を学び、営業に5年いた間に年間営業成績トップを3年達成しました。
今回の新規の営業職を募集していると聞き、私が今まで経験した、新規顧客情報の収集方法、フォローアップ方法、広告媒体物の選定などのスキルを十分に生かしたいと考えました。

このページの先頭へ