自分の言葉で具体的に表現することでオリジナル性の高い志望動機になる

履歴書に志望動機を書く際には、積極性、やる気をアピールしたい気持ちは理解できますが、 頑張りますとか努力しますのような、やる気ばかり目立つ文章を書いても仕方ありません。

希望する職業ごとに志望動機や趣味など、それを読む採用担当者に自分の印象を強く与えるような文章を意識して書くという必要があると思います。

また、自己アピールも必要です。志望動機や趣味欄などで、自分らしさをアピールできるような文章も合わせて書くようにするといいと思います。

例えば、志望動機の欄に自分のやる気を表現して書くためにはいろいろな言葉があります。

ただ単に「頑張りたいです。」「今までの経験を活かしていきたいです。」なんて書いたいたのではいけません。そのような文章は就職活動のマニュアルや書籍に例文として紹介されているのです。けっして採用担当者の印象に残ることはありません。

オリジナル性の無い文章ではなくて、今度志望する職業の事を交えながら「何をどう頑張りたいのか」「今までの自分の経験を今度の職業でどう活かしたいのか」頭の中でイメージしながら、自分の言葉で文章を書いていくといいと思います。さらに具体的な行動や実行したいことを交えながら書くとより一層効果的だと思います。

次に協調性をアピールしてみてはいかがでしょうか?これもただ単に「協調性があります。」と書くだけでは駄目です。「前の職場を辞めるときに、何回も止められたけどこの職業をどうしてもやってみたくて、辞めたんです。」「色々な人から送別会など開いてもらいました。」など人と絡んでいるという印象を与えるだけでもいいと思います。

このように、志望動機をしている職業に対することも交えながら色々なエピソードも交えて志望動機を書いていくと、より担当者の目に止まりやすく、好印象を与えるような結果になると思います。

このページの先頭へ